猫よけハック | 野良猫の退治・撃退が一発でわかるサイト
猫よけハック | 野良猫の退治・撃退が一発でわかるサイト > コラム > 野良猫の駆除は保健所に相談すれば解決する?

野良猫の駆除は保健所に相談すれば解決する?


猫が自宅の庭にたびたび侵入して花壇を荒らしたり鉢植えを倒したり、糞をしていったりと被害を被っている人は多いと思います。

自分でどうにか対処しようとして何度も追い払ったり侵入しないように柵を作ったりしても猫はどこからでも入ってきます。

正直いって個人でやるには限界があります。ノラ猫の増加が社会問題になっているだけに来る度に追い払うわけにもいきません。

じゃあ保健所に相談してみたらどうなのでしょうか?

保健所は野良猫の「捕獲」や「引き取り」はしてくれない

保健所といえば野良犬や野良猫を引き取ってくれるイメージが強いです。しかし野良猫駆除で保健所に相談しても捕獲も引き取りもしてくれないことがほとんどです。

なぜでしょうか?

一番の理由はその猫が飼い猫なのか野良猫なのか区別がつきにくいからです。

猫は犬と違って放し飼いしている人も多いです。あなたの家に侵入するその猫に飼い主がいないというのを証明するのは非常に困難なのです。

もし間違って飼い猫を引き取ってしまったら?そうなれば大問題です。ですからよっぽどの事情(大怪我をしていたり育児放棄された子猫など)がない限り捕獲もしてくれませんし、あなたが捕まえて持っていっても引き取りは断られるでしょう。

この点に関して、練馬区のホームページ上に端的にまとめられていたので引用させていただきます。

飼い主のいない猫対策

猫は保健所では捕獲していません
動物の保護・収容は、区の保健所ではなく、東京都動物愛護相談センターが行っています。

しかし、猫については、飼い猫を外に出している飼い主も多く、外にいる猫が飼い猫か飼い主のいない猫かすぐには判別ができないため、東京都動物愛護相談センターでも一部例外(1.歩けないほど大怪我をしている場合 2.生まれたての子猫で、かつ親猫が育児放棄をしている場合)を除き、保護・収容はしていません。

ちなみに、飼い主不明の犬は、「狂犬病予防法」に基づいて、狂犬病を防ぐため、東京都動物愛護相談センターが保護・収容していますので、この点で犬と猫とは大きく異なります。

では、捕獲も引き取りもしてくれないとしたら保健所は一体何をやってくれるのでしょうか?

保健所ができるのは地域の啓蒙活動がほとんど。根本的な解決には至りません

保健所に相談しても全くの無意味というわけではありません。飼い主のいない猫を減らすことは保健所の地域活動の中でも大切な位置づけなので一応の協力はしてくれるでしょう。

地域によって差はありますが、具体的には以下のような対策をとってくれます。

  • 猫撃退のアドバイス
  • 地域に猫のトイレを用意
  • ノラ猫を増やさないよう地域への啓蒙活動
  • ノラ猫の去勢・不妊手術
  • 猫撃退装置の貸し出し(一部地域のみ)

これらの活動は地域のボランティアにより行われております。そのためどこまで効果があるのかは分かりません。また、即効性も期待できないでしょう。

「保健所に相談したらどうにかなるだろう」と思っていた方には残念ではありますが何もしないよりはマシだと思いますのでまずは一度、最寄りの保健所に相談してみてはいかがでしょうか。



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

CAPTCHA


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。