猫よけハック > 侵入防止策 > とげとげシート > 100円の猫よけグッズ「とげとげシート」は、どこまで効果あるのか?

100円の猫よけグッズ「とげとげシート」は、どこまで効果あるのか?


100均のとげとげシート

100円ショップのとげとげシート

猫を物理的に追い払う方法としてもっともシンプルなのが「とげとげシート」です。

たとえばこんなときに使えます。

  • 芽が出る前のプランターをトイレにされてしまう ⇒ プランターに設置
  • 塀をよじ登って家に侵入される ⇒ 通り道に設置
  • バイクの上で糞尿される ⇒ バイクの上に設置

とげとげシートはホームセンターなどに売っているのですが、500円くらいするので若干割高です。設置すべき場所はいっぱいありますし、まずは100円ショップのとげとげシートで十分です。

とげとげシートの設置例

とげとげシートを花壇に設置

花壇の上に設置

とげとげシートを室外機に設置

室外機の上に設置

駐車場にトゲトゲシートを置く

車の周りにトゲトゲシートを設置する

ブロック塀の上に置かれたトゲトゲシート

ブロック塀の上に設置

置いてみるとそれだけで効果を発揮します。ただ最後のブロック塀は失敗しました。なぜならとげとげシートを敷き詰めていないため、シートがないところに乗れるからです。

しっかりと敷き詰めれば、基本的には効果を発揮します。

とげとげシートの効果を最大限に発揮させる2つのコツ

とげとげシートは本当に効果があるのか気になる方もいると思います。正直に言ってしまえば、効果はあるが効かない猫もいます。猫は個体差もあるため効果があるかどうかも試してみなければ分からないので。

では効果を最大限発揮させるためにはどうすればいいのでしょう。以下の2つが重要です。

  1. とげとげシートがずれないよう固定する
  2. 忌避剤などと一緒につかう

まず、猫は学習する生き物なのです。取っ手を下げればドアが開くのを学習するように、とげとげシートさえ落とせば問題なく通れることを学習することがあります。

また雨や風などで自然にシートが落ちてしまう可能性もあります。だからこそとげとげシートは固定しないといけません。

▼ブロック塀にとげとげシートを固定する方法はこちら↓

野良猫が家の敷地に侵入するときによく使うのが「ブロック塀」。塀の上はたいてい障害物もないですし、隣の家につながっているので絶好の侵入経路です。ブロック塀から...

また、慣れの問題もあります。最初はとげとげシートに戸惑ったとしてもだんだん慣れてくるとへっちゃらになります。以下の動画がその最たる例でしょう。

[参考]猫が器用にとげとげの上を歩く動画

ここまで慣れてしまうととげとげシートだけでは難しいです。シートの上に忌避剤や木酢液など、猫が嫌う臭いなどを置いておくのがいいでしょう。

キーワードは「猫が居心地の悪い場所にする」です。

プラスアルファで追加するアイデアは以下を参考にしてみてください。

野良猫の被害の中でもとくにゲンナリするのが「留守中や寝ている間に庭に侵入されること」です。日中に自分の目の前で庭に入ってきたら追い払うこともできます。しかし...

見た目が悪くなるのが玉にキズな「とげとげシート」

欠点としては見た目が悪くなります。とくに塀やバイクに設置した場合は、どこかの世紀末な世界がかもしだされるので景観を損ないます(^_^;)

プランターとかだと庭の中なのでそこまでではないのですが。

Twitterなどの感想



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

CAPTCHA


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。