猫よけハック > 忌避剤 > 香辛料 > 猫よけにはコショウ・カレースパイスなどの香辛料がいい!猫の嫌いな匂いで追い払える

猫よけにはコショウ・カレースパイスなどの香辛料がいい!猫の嫌いな匂いで追い払える


野良猫を家の敷地に近づけたくない、追い払いたいというときは、胡椒(こしょう)やカレー粉などの香辛料をつかうのが効果的。

なぜなら猫にとってスパイスなどの香辛料は匂いがキツいから苦手。

人間にとってもコショウやカレー粉は強い匂いなので、ヒトよりさらに嗅覚が鋭い猫にとってはかなり刺激的なモノでしょう。

身近なところにあって、かつ猫が嫌がる匂いをもつのがコショウやカレー粉などの香辛料です。

カレースパイス

コショウ、カレースパイスなどの香辛料を庭に撒く

使い方は非常にシンプル。

コショウ、カレー粉などを猫の通り道やフンをする場所に散布するだけです。

猫が何度も訪れる場所というのは言ってみれば『居心地のいい場所』でもあるわけです。

そんなお気に入りの場所にある日から刺激の強いコショウやカレー粉などが撒かれていればどうでしょう?

おそらく多くの猫が近づきたくないと思うでしょう。

一回では効果を実感できないかもしれません。ですが根気強く何度も繰り返して散布しつづけると、そのうち野良猫の方も「あ、ここはなんか居心地悪いな」と学習します。

基本的には頭のいい動物でもあるのであまり時間はかからないかもしれません。

香辛料はネコの通り道にも散布する

たとえば花壇や鉢植えなどを野良猫のトイレ代わりにされていたとします。その場合、花壇や鉢植えにコショウやカレー粉を撒いておくのはもちろん、そこに至るまでの猫の通り道にも散布しておくといいでしょう。

猫は身軽なので塀の上からやってきたり、玄関から堂々とやってきたりしますが、それらの通り道にもしっかりと撒いておく。それだけで侵入を防げる可能性もあがります。

香辛料は猫にとって毒!散布の仕方には注意しよう

コショウ、カレー粉などのスパイスは猫にとていわば毒物でもあります。飼い猫などには絶対に口にさせないよう獣医さんなどからアドバイスされます。

大量に口にしてしまうと胃腸炎や肝機能障害の原因となってしまうことも。重度の場合は呼吸困難や歩行障害などの中毒症状へ陥り、死に至ることも・・・。

そのため、猫よけ対策としてもできるだけ野良猫が香辛料・スパイスを口にしてしまわないよう注意をする必要があります。

  • 猫が口にしないよう広く薄く撒くこと
  • 器などにいれて置かないこと
  • 少量ずつ散布すること

ただそこまで心配しなくても猫は鼻がいいため香りが強すぎるモノには近付こうとしません。

基本的には少量ずつ散布しておけば問題はありません。(万が一口にしても少量であれば安心です)

当然ですが、面白半分で野良猫に食べさせようとしたり、口にさせようと罠を仕掛けたりしてはいけません。動物愛護法によってあなたが罰せられます。

ちなみに猫は香辛料全般がニガテです。

コショウカレー粉だけでなく、ペッパー、タバスコ、唐辛子(一味・七味)、キムチなども同様です。



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

CAPTCHA


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。