猫よけハック > 新着ニュース > 子供がいる家庭はとくに注意!野良猫から移る感染症で国内初の死亡例

子供がいる家庭はとくに注意!野良猫から移る感染症で国内初の死亡例


今年に入ってすぐ、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

人獣共通感染症である「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」によって国内初の死亡例が出たというものです。しかもそれが野良猫が原因というのだから驚きです。

以下、ニュース記事を引用します。

 犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。

中略

 厚労省によると、この感染症で死亡したのは福岡県の60代の女性で、平成28年5月に呼吸困難で救急搬送され3日後に死亡。血液などから菌が検出された。女性は3匹の猫に屋外で餌をやっていたといい、そこからの感染が疑われている。

死亡した女性は野良猫(地域猫)へ日常的にエサやりをしていたといいます。

もちろんこの記事をお読みのあなた自身が猫にエサやりをすることはないと思います。ただもしあなたに小さいお子さんがいれば、庭にやってきた野良猫に興味本位で触るという可能性も考えられます。

なので子どもが野良猫に近づかないよう注意を払う必要があります。

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症ってなに?

ここでコリネバクテリウム・ウルセランス感染症についてもっと知るため、厚労省のホームページから情報をまとめてみました。

厚労省:コリネバクテリウム・ウルセランスに関するQ&A

Q2 人への感染経路は?

 当該感染症は、人、犬、猫、牛のほか、様々な動物において感染事例が確認されており、咽喉頭、肺、皮膚、乳腺などに、様々な症状を呈する動物由来感染症です。
 海外においては、乳房炎や関節炎に罹患した牛の生乳からの感染が主に確認されていました[1-3]。最近では、ウルセランス菌に感染した犬や猫からの感染が国内外で広く確認されるようになっています[3]。
 なお、人から人への感染事例は、国内では現在まで報告がなく、国外においても、非常にまれです[4, 5]。

動物から人へ移る感染症なので、人から人へは移りません。
またのどの痛み・せき・風邪などの症状がでて、重症化すると呼吸困難に陥ります。

Q4 治療方法は?

 抗菌薬が有効であるとされています[6]。国内においては、マクロライド系抗菌薬の使用による回復例が報告されています。

抗菌薬で治療可能なため、体調が悪くなったらすぐに医療機関へ行ってください。
件(くだん)の女性は、呼吸困難で救急搬送された3日後に死亡しています。

Q5 感染予防のためには?

 人での国内感染事例の多くは犬や猫からの感染であることが確認されており、ウルセランス菌に感染した動物と接する場合には注意が必要です。感染した動物は、くしゃみや鼻汁などの風邪に似た症状や皮膚病を示すことがあり、動物間で感染が拡大することも報告されています[7]。

 一方で、無症状の保菌動物の存在も報告されています。ただし、過度に神経質になることよりも、一般的な衛生管理として動物と触れあった後は手洗いを確実に行うことなどにより、感染のリスクを低減することが重要です。

 国内では、人に対する定期の予防接種の対象である3種混合(最近では4種混合)ワクチンにジフテリアトキソイド(ワクチン)が含まれています。このワクチンは、当該感染症に対しても有効であると考えられています[8, 9]。

野良猫に限らず、ペット(とくに外飼いの犬猫)であっても濃厚な接触は避けることが推奨されています。
動物に触ったあとは手洗いをちゃんとして、不安ならワクチンを実施してもいいでしょう。

日本での発症は2018年現在までに2001年2月をはじめとして全部で25例あります。死亡例は2016年5月発生の60代福岡在住の女性が初めてでした。

またイギリスやフランスなど欧米諸国でも同様の感染が報告されているようです。

感染症予防のために大事なのは、野良猫を家に近づけないこと

このコリネバクテリウム・ウルセランス感染症は野良猫を介して人へ移る可能性があるため、猫を家に近づけないことが一番の予防法になります。

そのためには猫に、この家に来ても居心地がよくないと学習させないといけません。

もっとも効果的なのは超音波機器。

猫は耳がとてもいい動物です。犬は人間の約6~10倍聴力が優れていますが、猫は犬のさらに2倍聴力が優れています。それほど音に敏感な猫なので、物理的な攻撃よりも超音波による攻撃のほうが効果があります。

たとば、猫よけ超音波グッズ『番人くん』を例にとって紹介します。

番人くん

番人くんとは?

感知範囲6~7mで、15~60kHzをランダムで発生させる超音波機器のこと。イヌヤ㈱が販売。

1kHz=1,000Hzなので、15,000~60,000Hzの周波数が出ることになります。

▼可聴域

人間(大人) 20~20,000Hz
人間(子供) 20~15,000Hz
15~50,000Hz
30~65,000Hz

この表から分かる通り15,000Hzというのは、大人にとってはかなり高音域であるため聞き取れないこと多いです。子供にだけ聞こえるモスキート音と同じで、稀にこの音が聞こえる子供もいるようです。

しかし猫からしたらバッチリ聞こえている音です。一説には猫がもっとも聞き取りやすい音は20,000Hz以上の音だと言われているので、聞こえているどころかもっとも聞きやすい音域でもっとも嫌いな音を聞かせていることになります。

ちなみに15,000~60,000Hzをランダムで流す理由としては、いくら嫌いな音だとしても何回も聞かせていると慣れてしまって効果が薄れるからだそうです。考えられていますね。

置くだけ簡単ノラ猫撃退『番人くん』の販売サイトへ



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

CAPTCHA


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。